ホーム  > blogトップ  > もぶろぎんぐ  > 

FISスノーボードクロスサーキット雫石大会

FISスノーボードクロスサーキット雫石大会

電波が拾えないままに朝をむかえ、バタバタと一日が過ぎ、ワックスをかける合間に駐車場で電波捜しでやんす


今日は朝から強風で、大会バーン横にかかるリフトが運転見合わせ!
ゴンドラ降り場横の白樺ヒュッテでしばし待機
あまりに寒くて強い風だから、晴れているはずなのに地吹雪で視界も悪い

とりあえず11時半に大会をやるか中止にするか決定するというウェイティングに
雫石スキー場からおにぎりと唐揚げ、ウィンナーに暖かいお茶の差し入れがはいって、みんなおとなしくリフトが動くのを待ちました
鮭と筋子の特大おむすび、とってもおいしかった!

11時半になって、徐行しながらリフトを動かして、大会を行なうことが決定
ものっそい横風の中、カメラを構えてきました


男子は桐村遼太が優勝。五十嵐幸太、林達彦とナショナルチームメンバーが続きました
女子は土井奈津子の貫禄勝ち。


おいらは風にあおられてよろけまくり。
硬い雪に膝をぶつけて青なじみができちまったー
痛いよー
スノーボードで転ぶよりも地味に痛いのがくやしい

明日はおいらも選手ですよ
まだまだ本調子じゃないので、怪我しないように、キャパオーバーにならないように冷静にがむばりまする!


* ruminary at 2006年02月19日 21:34 │Comments(0)TrackBack(0)
Category : もぶろぎんぐ 
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
トラックバックURL


ホーム  > blogトップ  > もぶろぎんぐ  > 

FISスノーボードクロスサーキット雫石大会